Be with me

一緒にお散歩に行こう。
一緒におもちゃで遊ぼう。
当たり前の毎日は
とてもかけがえのないもの。

また一緒に。その願いを込めて。


About US

心臓を治して
動物と家族の心を
治したい

悲しい時にはそばにいて
嬉しい時には共に喜んで
どうぶつ達は私たちに
純粋な気持ちで向き合ってくれる

そんな言葉を話さない家族が苦しい時
どうすればいいのだろう
その答えの一つになるために
我々は努力し続けます

診療案内

僧帽弁閉鎖不全症 (MR)

僧帽弁閉鎖不全症は小型犬の心臓病のなかで最も多く発生します。
いわゆる弁膜症と同じ病気で、大動脈弁・僧帽弁・三尖弁・肺動脈弁と4ヶ所ある心臓の弁のどこかが悪くなると弁膜症と名前がつきます。なかでも犬では僧帽弁が特に悪くなりやすく、命に関わる可能性が高い場所なので僧帽弁閉鎖不全症(MR)と呼ばれます。

Keep reading

肺動脈狭窄症 (PS)

心臓から肺に血液を送り出す肺動脈にある肺動脈弁(もしくはその付近)が狭くなることで、心臓から肺への血液が流れにくくなる病気です。肺動脈弁の狭窄が軽度の際は無治療もしくは内科治療で過ごせる場合がありますが、重度の狭窄がみられる際は、外科治療が必要となります。

Keep reading

Tokyo Animal CardioThoracic surgery

「動物とご家族の奏でる美しいシンフォニーを取り戻すために」

心臓外科手術はさまざまな役割を背負ったスタッフが
お互いの呼吸を合わせ卓越した技術を集結して実施していくことからオーケストラに例えられます
常に研鑽を積み、洗練されたオーケストラのようにより良い医療を提供し
動物とご家族の奏でる美しいシンフォニーを取り戻したいという想いを込めて
我々の手術チームにTACTと名づけました